さあ、バスツアーに目覚めよう
2017年11月21日

バスを使うカニツアーの日帰りと宿泊付きでの違い

ツアープランを探してバスでカニを食べに行こうと考えて調べてみると、多くの旅行情報誌やツアーサイトでは宿泊数に応じてプランが分類されています。

日帰りで食べに行くか、一泊してゆっくりとしてくるかを考えるのはツアープランを決めるときに初期段階で決めておくことが肝心です。日程上、日帰りしかできないという場合にはすぐに決定できますが、そうでない限りは両者の違いを知っておくと役に立ちます。

カニバスツアーでは基本的には旅行中の足は全てバスになる点で日帰りでも宿泊付きでも違いはありません。食事をする上で大きな違いになるのは、日帰りの場合にはランチ、宿泊付きの場合にはディナーになることです。

ディナーの方が豪勢なカニ料理を食べられることが多く、食べた後は部屋でのんびりできるという点でメリットがあります。しかし、その分だけ費用も高くなりやすいのには注意しなければなりません。一方、日帰りと宿泊付きでは食事をする場所にも違いがあります。

一般的にはディナーの場合には宿泊予定のホテルや料亭などでカニ料理を供してもらうことになりますが、日帰りの場合にはホテルや料亭だけが候補ではありません。街中にあるレストランや料亭なども候補になるため、食事場所の候補についてはバリエーションが増えます。

バスでその場所まで連れて行ってもらえるため、どのような立地にある場所でも問題はなく、あまり知られていないお店で食べられることもあるのが特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です